最適なベッドに出会うために~選ぶポイントを確認しましょう~

ベッド選びに困ったら

よし、ベッドを選ぶぞ!と思い立っても、その種類は沢山ありすぎて何を選んだら良いのやら…と思いますよね。ベッドを選ぶには、ポイントがあるものです。もしもベッドに明確なビジョンを抱いているのなら、そのイメージに近いベッドを探すと良いものです。しかし、「かっこいいベッドがいいな」など、あいまいなイメージしかない場合には、ベッド選びが難航してしまうでしょう。ベッドを選ぶためには、どのような点に注目したら良いのかをチェックしておきましょう。

最適なベッドに出会うために~選ぶポイントを確認しましょう~

レディ

重要なのは「形」

ベッドの形は色々です。高いベッド、低いベッド、脚付きか、床に直に置くタイプか…形状だけでも様々となっているものです。それぞれに特徴がありますから、その特性に注目してベッドを選ぶ事も良いでしょう。例えばベッドに脚が付いている事で、通気性を確保する事ができます。湿気が溜まりやすい家にお住まいの方は、脚付きのベッドを選ぶ事がおススメですよ。低いベッドを選ぶと、腰への負担を軽減できるという利点もあります。足腰が弱い方は、低いベッドを選択すると良いのです。

大きさを検討する

寝具の使用状況に応じて、ベッドの大きさを考えるようにしてください。その際には、ベッドに寝る人数、ご自身の体格、寝相などを考慮すると良いですよ。お一人でも広々としたベッドに眠りたい場合には、セミシングルのベッドを選ぶと良いでしょう。お二人で利用する際には、ダブル以上の大きさを選択される事がおススメです。複数人でベッドを使用するのであれば、ベッドを繋げて利用するような工夫もできるでしょう。家の状態に合わせて、最適となる大きさを考えるようにしてください。

ベッドの配色

インテリアの中でも存在感があるのがベッドです。そのため配色にはこだわりを持つ事をお勧めします。ベッドの色によって、お部屋の印象を変化させる効果があるでしょう。そのため、どのようなお部屋を作りたいのかを検討したうえで、そのイメージにマッチする配色を検討していくようにしてください。ハズレが無い色としては、落ち着いた茶色となります。木目調のベッドを選ぶ事によって、自然な温かみを感じさせる事が出来ますよ。少し暗めの色を選ぶ事によって、ラグジュアリーなイメージを持たせる事も可能です。

収納できるのか

眠るだけがベッドの機能ではありません。ベッドは収納スペースとしても活躍してくれるインテリアなのです。ベッド内部または下部のスペースを活用する事が可能でしょう。その際にはどのような収納が備え付けられているのかを確認するようにしてください。例えば、マット部分を引き上げる事で、ベッドの内部に収納スペースが現れるタイプがあります。また、ベッド下に収納する機能が備わっているものもあるでしょう。また、収納機能が元々付いていないベッドであっても、収納ボックスなどを利用する事で、スペースを作る事もできますよ。

広告募集中